• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 3991
  • 公開日時 : 2017/10/27 11:25
  • 更新日時 : 2018/03/05 16:38
  • 印刷

【WX04】バッテリーの消費電力を抑える方法はありますか? 

【WX04】バッテリーの消費電力を抑える方法はありますか?
カテゴリー : 

回答

WX04にはECO機能があります。
そのうち、「自動省電力」機能を設定いただくことにより、
バッテリーの消費電力を抑える方法があります。
それぞれの自動省電力設定はクイック設定Webで行うことが可能です。
 
クイック設定Webへのログイン方法はこちらをご参照ください
 
①ウェイティング
<ウェイティングとは・・・>
動作中の消費電力を抑え、利用可能時間を長くする機能です。
ウェイティングに移行するのは、無線LAN利用時のみです。
本製品を起動してから一定時間(初期値:10分)が経過すると、ウェイティング状態になります。
<ウェイティングの設定方法>
クイック設定Webで設定できます。「省電力状態切り替え設定時間」でウェイティングに移行する時間を設定できます。
初期値は「10分」です。
<ウェイティングからの復帰>
無線LAN端末との無線接続が開始されると復帰します。
また、電源ボタンのいずれかを押したときに復帰し、ホーム画面表示になります。
 
②休止状態
<休止状態とは・・・>
無線の停止状態からでもすばやく利用可能状態にする機能です。
本製品を起動してから一定時間(初期値:10分)が経過すると、休止状態になります。
ディスプレイがホーム画面表示のときに、電源ボタンを長押しし、電源オプション画面で「休止」をタップすると、
休止状態に移行します。休止状態に設定した場合、最大約700時間待機できます。
工場出荷時「休止状態」に設定されています。
<休止状態の設定方法>
クイック設定Webで設定できます。
「省電力状態切り替え設定時間」で休止状態に移行する時間を設定できます。初期値は「10分」です。
 
③切り忘れ防止タイマー
<切り忘れ防止タイマーとは・・・>
電源の切り忘れまたは休止状態への移行忘れによる電力の消耗を防ぐため、
一定時間(約60分)経過後、強制的に本製品を休止状態にする機能です。
通信中であっても一定時間(約60分)経過後、強制的に休止状態になります。
ただし、ウェイティング中または充電中は休止状態になりません。
また、切り忘れ防止タイマー動作中で残り時間30分未満の時に本製品の操作を行った場合、30分延長します。
 
④省電力モード
<省電力モードとは・・・>
WAN側回線、Wi-Fiでの通信速度を制限することにより電力の消耗を抑え、連続動作時間を延ばすことができます。
ハイパフォーマンスモード、ノーマルモード、エコモードから選択します。
初期値は「ノーマルモード」です。
<省電力モードの設定方法>
本製品のホーム画面ー「メニュー」-「ECO設定」-「省電力モード」または
クイック設定Webの「ネットワーク設定」-「基本設定」で設定します。
ハイパフォーマンスモード:通信速度は制限しませんが、連続動作時間は短くなる
エコモード:通信速度を制限して、連続動作時間がながくなる
ノーマルモード:電池残量が十分にある状態では通信速度を制限しませんが、電池残量が少ない状態では通信速度を
制限し、連続動作時間が長くなるようにします、
クイック設定Webで充電時高パフォーマンスを「使用する」に設定すると、充電時に省電力モードによるWAN側回線
の通信速度の制限がなくなります

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます